『採用学研究所』は、横浜国立大学 服部泰宏をリーダーに、日本企業の採用・就職活動上の課題に対して、科学的なアプローチによる解決を目指しています。

研究会・メディア情報

イベント情報

【6月17日開催:特別対談】経営学を活用できる人・活用できない人:その差はどこにあるのか?研究の役立て方を学ぶ(対談相手:横浜国立大学 服部泰宏准教授)

◆本プログラムの概要 社会科学の中でも、とりわけ経営学は、ビジネスパーソンの方々にとっては、まだ馴染みがある学問かもしれません。実際、経営学で生まれた概念が広く産業界で使われているケースはたくさんあります。ところが、すべ …

【「エン・ジャパン」「採用学」共同研究報告会】 ハイパフォーマーに依存せず、組織を成長させ続けるための採用基準のあり方

【5月26日開催】メディア掲載多数!採用コンサルタント谷出氏に学ぶ。残りの17採用の取り組み方と18採用動向の実情

【勉強会の狙い】 ・17採用の選考が本格化する前に、採用 マーケットを把握する。 ・参加者同士のディスカッションを通じて、個別企業の状況を把握する。  →それらを通じて、これからできる17採用成功の対策を考えるきっかけに …

採用学研究会

第9回 採用力向上セミナー「採用力」を紐解き、採用活動で抑えるべきポイントをわかりやすく解説!

「採用力」を紐解き、採用担当者が行うべきことを、具体的に・わかりやすく解説をいたします。 2月10日のセミナーでは、3月の採用情報解禁を目前に控えた新卒採用をメインにお話をさせていただきます。 また今回は、話題の「採用学 …

母集団形成を変える。自社が本当に欲しい人材の応募を集めるために、採用学が考える採用マーケティング論講座

応募が来ない、エントリーが伸びない 毎年同じ悩みを持ち続けるのは もう終わりにしませんか? 「応募が来ない」「母集団形成ができない」 この悩みは採用担当者の一生の悩みです。 一方で、応募が多数集まっていても困る悩みが 採 …

採用学研究会

【「エン・ジャパン」「採用学」共同研究報告会】 ハイパフォーマーに依存せず、組織を成長させ続けるための採用基準のあり方

採用基準をどのように構築するべきか? その糸口となるのが適性検査の有効活用であることはよく言われます。 一方で、適性検査、やってはいるけど足切り程度にしか使えていない もっと有効に適性検査が使えれば。。。 このような悩み …

【「エン・ジャパン」「採用学」共同研究報告会】 ハイパフォーマーに依存せず、組織を成長させ続けるための採用基準のあり方

HRサミット2015にて服部泰宏准教授の講演が予定されています

日本最大級の人事フォーラム・カンファレンス「HRサミット2015」にて、採用学プロジェクト主催服部泰宏准教授による講演があります。 ■ 「社会人訪問100人プロジェクト」で学生はどのように成長したか ~「採用学」による調 …

年別アーカイブ

  • facebook
運営体制
お問い合わせ
僕ラボ 僕らのワークデザインラボ 新しい就職活動・採用活動をデザインする
PAGETOP

Copyright © 2017 採用学研究所. All Rights Reserved.