【「エン・ジャパン」「採用学」共同研究報告会】 ハイパフォーマーに依存せず、組織を成長させ続けるための採用基準のあり方

採用基準をどのように構築するべきか?
その糸口となるのが適性検査の有効活用であることはよく言われます。

一方で、適性検査、やってはいるけど足切り程度にしか使えていない

もっと有効に適性検査が使えれば。。。
このような悩みをお持ちの人事の方々は数多くいらっしゃいます。

一方でとある企業様では、

「適性検査をうまく使えば面接に頼らずに採用ができる。そうなれば、母集団はどこからでも集めることができる」

というお話をされていました。

さらに、その企業様では「適性検査の結果は社員の能力や意識改革にも活用すれば、社員の成長にもつながる」とも話されていました。

今までこのような取り組みが適性検査を通してできなかったのは

”見るべき項目”と”活用の仕方”が間違っていたからです。
今回、共同でプロジェクトを走らさせていただいたエン・ジャパン様では

『イノベーターシップ』

という考え方を構築されました。

これまでイノベーションとは非常に優秀な人や特別な人が特殊な環境下において起こすものとして捉えられていました。
しかし、組織を日常行動のなかでより良く変革していく人は主体性や積極性など誰しもが意識すればできる行動を取れる人、つまり、特別な人でなくても会社を良くするイノベーションは起こせることに着目しているのが今回の取り組みです。
そして、こういった行動が取れる人を適性検査で見ることができないかということを、今回採用学とともにプロジェクトを立ち上げ、分析をしてきました。

エンジャパンの全社員の適性検査データと、採用学からのリサーチアンケートを実施したことから、見えてきたものを紹介します。
これからの適性検査のあるべきカタチを考え、貴社ではどのように活用すべきなのか何を見るべきなのか是非一緒に考えてみませんか?
==== エン・ジャパン×採用学共同セミナーついて =====

テーマ

「ハイパフォーマーに依存せず、組織を成長させ続けるための、採用基準のあり方」
~今求められるイノベーターシップとは~

日時

2015年10月23日(金)18:00~20:00

会場

エン・ジャパン株式会社セミナールーム
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー 35階

アクセス

・丸の内線西新宿駅徒歩30秒
・都営大江戸線都庁前駅より住友ビル方面へ徒歩約8分。
・都営大江戸線新宿西口駅より青梅街道沿い徒歩約10分。
・JR新宿駅から西口改札口より新宿副都心方面へ徒歩約10分。
http://www.shinjuku-i-land.com/access.html

当日のプログラム

・採用学研究所 服部泰宏 ご講演
1)これからの採用活動〜ターゲティングと適性検査を見直そう〜
2)適性検査で見るべき項目とは(調査事例ご紹介)
・エン・ジャパン ご講演
1)人材難の今、採用すべき人材とは
2)採用を成功させる適性検査の使い方

講師紹介

服部 泰宏氏(採用学研究所 研究者)

横浜国立大学准教授。2009年、神戸大学大学院経営学研究科にて博士号取得(経営学)。滋賀大学専任講師・同大学准教授を経て、現職。
日本においては、企業の採用活動について経営学・組織論的観点から研究する「採用学」の第一人者として知られる。
現在、横浜国立大学採用学研究所を主宰し、多くの企業と連携しながら調査研究活動を続けている。

松田 大助氏(エン・ジャパン株式会社 教育・評価事業部)

米国CCE,Inc.認定 GCDF-Japan キャリアカウンセラー。
2002年 立命館大学卒業後、エン・ジャパン入社。
新卒採用支援事業部にて、中堅・中小・ベンチャー企業の採用プランニング・社員研修のトレーナとして、10年間で延べ300社以上の企業、3000名以上の支援を行っている。
現在、教育評価事業部で、適性診断テスト(アセスメントツール)活用の様々な可能性の提案を行っている。

定員

50名(申し込み多数の場合は、先着順となります。)

参加費

無料

ご参加にあたってのお願い

本研究会の様子は、予告・許諾なく、写真・ビデオ撮影・ストリーミング配信をさせていただく可能性があります。
写真・動画は企画者・協力機関が関与するウェブサイト等の広報手段、講演資料、書籍等に許諾なく用いられる場合があります。
マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供することがあります。
ご参加に際しては、上記をあらかじめご了承ください。

====================================

追伸:今回、採用学研究所では、エン・ジャパン株式会社様と共同で
適性検査に関する調査分析を実施いたしました。
エン・ジャパン様が提供される3Eテストからこれからの適性検査のあり方・活用の方法について議論させていただきます。

採用学が目指している研究の目線から、採用をより効率化させる適切なマッチングを実現させるきっかけとして、そして、研究に触れる実務家の方が増えることを願って
開催させていただきます。
是非、ご参加ください。

研究会への申込