2014/5/8 会場が決定いたしましたので、追記しております。


2014年5月 採用学研究会
「母集団の問題を科学的に検討する:
就活解禁が後ろ倒しされる中、どのようにして学生を集めればいいのか
またそもそも何人集めればいいのか」
日時:2014年5月28日(水) 19時から21時
場所:
成蹊大学吉祥寺キャンパス 3号館1階3-101室
http://www.seikei.ac.jp/s-net/info/access.html

採用活動上の難しい問題は多くありますが、そのうちの一つとして「母集団形成」があります。選考の各段階において、どのような母集団を形成するかは悩みの種となっています。

現在、選考の各段階における最適な母集団の規模は、データに基づくというよりも、感覚的・経験的に決められています。しかし、実際のところ、そもそもどのくらいの人数の学生を集めて維持すれば良いのでしょうか。

また、規模を決めても、実際にその人数の学生を集めるのにも困難が伴います。そのためにはどのような対策をとっていけばいいのでしょうか。

こうした点を明らかにするため、5月の採用学研究会では、「母集団形成」をテーマに、最適な母集団規模の探り方、母集団形成の方法について検討します。採用担当者の方々、また採用支援企業の方々のご参加をお待ちしております。

日程やプログラム等の詳細は以下の通りになります。
◆日時:
2014年5月28日(水) 19時から21時

◆場所:
成蹊大学吉祥寺キャンパス 3号館1階3-101室
http://www.seikei.ac.jp/s-net/info/access.html

◆参加費:
おひとり様2000円
※当日ご持参ください(領収書を発行いたします)

◆当日のプログラム:
・横浜国立大学 服部先生
「母集団の形成方法と最適人数に関して採用学で現在わかっていること、今後調べていく必要のあること」
・グループディスカッション
「母集団形成上の創意工夫は?母集団の人数の決定方法は?」
・株式会社ビジネスリサーチラボ 山本圭樹
「採用学プロジェクトの進捗状況の共有」

◆定員:
30名
※申込者が定員を超過した場合は抽選とさせていただきます。

◆企画者:
横浜国立大学 採用学プロジェクト

【協力】
株式会社ビジネスリサーチラボ

◆ご注意:
本 研究会の様子は、予告・許諾なく、写真・ビデオ撮影・ストリーミング配信する可能性があります。写真・動画は企画者・協力機関が関与するWebサイト等の 広報手段、講演資料、書籍等に許諾なく用いられる場合があります。マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供することがあります。ご参加に際して は、上記をご了承いただける方に限ります。

【申込み】
以下の申込みフォームより受付をしております。
申込みフォーム